朝の習慣を作ることの意味

ことわざにもあるように、早起きを習慣化することは有益です。
早朝の時間帯は一日の中で脳がもっとも俊敏に働いてくれるので、
朝に勉強の習慣を作ることは学習の効率を高める面で優れています。
また朝に運動の習慣を作ることで血流をよくして体を目覚めさせ、
代謝をあげることでダイエットの効果を高め一日すっきりと過ごせます。
しかし中には早起きすることがどうしても苦手だという人もあるでしょう。
朝決まった時間に起きることが苦手なのだと悩んでいるひとは、
体内時計のリズムが崩れていることが原因に考えられます。
朝一番に太陽光を浴びる生活をぜひ習慣づけてみてください。
一週間ほど続けているときっと朝の目覚めが変ってくるはずです。

豊かな生活の代償はなんなのか

戦後の日本は物質的豊かさにおいて以前の時代を圧倒しています。
これは大量生産化の確立によって大量消費生活がもたらされたからです。
しかし大量生産と大量消費のあとには必ず大量廃棄という現実があります。
これは物質的豊かさを求めた代償として残った深刻な課題です。
大量に廃棄される家庭、産業ゴミは自然環境に大きな負荷を与えます。
また大量生産の過程では常に大量の化石エネルギーが消費されるので、
資源の枯渇の面でも看過できない現状を生み出しています。
環境保全を無視して今後の生活を考えることはできません。
環境の変化は日常生活にも大きな影を投げかけます。
環境を圧迫しないライフスタイルの模索は21世紀の大きなテーマと言えます。