野菜の安全

福島の事故以来野菜の安全に対する関心が高まっていることは否定しようがない事実です。
ある程度年齢がいっていれば、仕方がない一面はありますが、せめて子供には安全な野菜を食べさせたいものです。
そういった中で注目されているのが野菜の宅配サービスです。
→こちらに野菜の宅配サービスの詳細があります。

ちょっと前にはテレビ東京の番組でこういった食材を宅配してくれるサービスが話題になりました。
身近なスーパーでは産地の確認が十分にできない、と感じている主婦層を中心に人気のサービスです。

サッカー日本代表のマインド

サッカー日本代表がこのところ快進撃を続けています。
街でもよく日本代表のサムライブルーのユニフォームを着た子供たちを見かけます。
それだけ、彼らのプレイがこの国の大人だけではなく、子供たちも元気づけているという証左に他なりません。
日本代表の選手は、子供の頃からサッカーがうまかった人ばかりではありません。
中にはジュニアユースの練習についていけず、苦しい思いをした方もいます。
様々な苦難を乗り越えてきているからこそ、彼らが余計に輝いてみえるんです。
リフティングすら満足にできなかった子供が大人になり、国際的な晴れ舞台でプレイをしているのです。

青春の1ページが

誰もが自分の好きな歌手というのがいると思います。
その歌の一つ一つに思い出があるという人は多いのではないでしょうか。
それぞれの歌と自分の人生と繋がっていることもあります。
さて、「セクシャルバイオレットNo.1」「月のあかり」等々、数々のヒット曲を生み出した桑名正博さんが、2012年10月、脳幹出血で亡くなりました。
私にとって、桑名さんの歌はまさに青春そのものでした。
桑名さんのヘアスタイルを真似てみたり、車の助手席に恋人を乗せ桑名さんの音楽を流したり…
私の青春時代の節目には、必ず桑名さんの歌がありました。
もちろん、青春時代の思い出だけではありません。
結婚してからも妻を連れて、ギター1本で熱唱する桑名さんのライブを、何度も見にいきました。
そんな桑名さんが…
私の中で続いていた青春の1ページも、静かに幕を閉じてしまったような気がします。